スタジアムで泣け(ォィ

バルセロナの敗戦に号泣した日本人少年

インテルナシオナルがバルセロナに勝利してしまい、多くのファンとTV局を想定外の事態に巻き込んだクラブW杯。この敗北の悔しさ?に号泣した男の子の写真が12月18日付の『ムンド・デポルティボ』紙の1面トップに掲載されました。
b0063267_11371627.jpg

この新聞の反響は大きく、20日にマスコミとの懇親会を持ったバルセロナのラポルタ会長自らが「この子を探し出してもらいたい。何らかの贈り物をしたい」と要請、21日には誰なのか特定できたようです。どうやら日本人のソシオ(会員)のお子さんらしく、「ドス・サントスが見たかった」などとなかなかに通な発言をしていた様子。なんとこの少年と家族は、カンプ・ノウの試合に招待されるとのこと。号泣一転、素晴らしいクリスマスプレゼントがやってきました。

バルセロナの主将であるプジョールは、「ああいう写真を見るとバルサというクラブがどう人々の中に根付いているのか分かる。われわれが敗れてしまったことであの日本人少年は泣いていたが、自分も少年時代に経験したことだ。あの少年の姿はまた1つ考えるきっかけとモチベーションを与えてくれたし、バルセロナの背後には世界中に多くのファンが存在することを改めて教えてくれた」とコメント。少年がカンプ・ノウを訪れた時にユニホームをあげたいとも言っています。

以上、記事になったことで幸運をつかんだ少年のお話でした。こんな結果が待っているのであれば、自分もスタジアムで泣いてみるか!?まあ、30近くの兄ちゃんが泣いたところで、冷たくスルーされるのがオチですがw
[PR]
by shock226 | 2006-12-24 11:46 | スペイン


<< 天皇杯準々決勝orz 代表ホットラインで海外移籍 >>