中田浩二、ほろ苦いデビュー戦

浩二ミス連発、お寒いデビュー

b0063267_1254526.jpgついにフランスでの就労ビザが発行されたマルセイユの中田浩二。大寒波が襲来し、天候は最悪の吹雪。そんな中でも試合は開催されました。

デビュー戦はアウェイのサンテティエンヌ戦。本職である左ボランチでもなく左DFでもなく、出場停止のオレンベに代わってアウトサイドの左ウイングバックでの起用。不慣れなポジションと最悪のピッチ状態のおかげで散々なプレーだったようです。それでもフル出場できたのは良かったのではないでしょうか。

チームも0-2で完敗。首位リヨンが同節で負け、勝ち点差を埋めるチャンスだったのですが、マルセイユは生かすことができませんでした。この敗戦に悔いることなく、これからも中田浩には頑張ってほしいですね。

トルシエ監督のコメント
「ナカタには満足している。これから期待できる」

中田浩のコメント
「出られたことにはほっとしている」
「天気もピッチも悪くて思うような動きができなかった」
「思ったより当たりがハードだった。寄せの早さも予想以上だった。試合に出て慣れていきたい」

[PR]
by shock226 | 2005-03-08 12:14 | 海外サッカー


<< Jリーグ開幕戦の混乱に対する協... 温故知新的toto予想!【第1... >>