バルセロナ、着々と補強

アルベルティーニ、バルサ移籍は確実か

ウディネーゼのイアキンタ、バルセロナ移籍の交渉まとまる

故障者続出でターンオーバーがうまくいかずに疲労がたまり、調子を落としているバルセロナですが、今冬の移籍マーケットで、一番手薄になってしまっているセンターフォワードと守備的ミッドフィルダーの獲得に動いた模様です。

決定したのは、ウディネーゼのFWビンチェンツォ・イアキンタ。両クラブは移籍金800万ユーロ(約10億7100万円)で合意に達したとのことです。これでエトーの負担を軽減できるので、チームとしても安心でしょう。エトーは3トップのサイドでも起用できるので、戦術的にも幅を持たせることができますね。

もう一人獲得を狙っているのは、アタランタの元イタリア代表MFデメトリオ・アルベルティーニ。アタランタ側は慰留したいようですが、バルセロナへの移籍は確実視されています。アルベルティーニのプレースタイルは、強いて言えばレジスタでしょうか。もっと守備的な選手を狙っているかと思いましたが、ボール支配を確実にするために足元の技術が確実な選手をライカールトがほしがったのでしょうか。パスを出すことができる選手が加われば、シャビ・デコの負担も減ります。

イアキンタは未知数ですが、アルベルティーニはアトレティコ・マドリーでプレーした経験もあるので、期待できそうです。バルセロナは効果的な補強になりそうですね(^^
b0063267_17465291.jpg

ACミランでも長期に渡り中心選手として活躍したアルベルティーニ。
[PR]
by shock226 | 2005-01-21 17:46 | スペイン


<< スペインのチームドクターは大丈夫か? UEFA“チーム・オブ・ザ・イ... >>