カテゴリ:格闘技・プロレス( 15 )

K-1 WORLD GP 2005 決勝トーナメント

「K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO ~決勝戦~」

今年は例年になく良い選手がそろった決勝大会になりました。準々決勝からみていきましょう。

長くなってしまったので、結果&私的レビューはこちらからどうぞ
[PR]
by shock226 | 2005-11-20 06:28 | 格闘技・プロレス

大晦日に吉田vs小川

吉田vs小川! 大みそかに日本人頂上決戦=PRIDE男祭り

もう恒例となってしまった大晦日格闘技イベント。その一つ、PRIDE男祭りですごいカードが決定しました。吉田秀彦vs小川直也という2大柔道王対決です。今から大晦日が楽しみになってきました。

吉田と小川は柔道時代から因縁浅からぬ仲。同じ明治大学の先輩・後輩関係(吉田が2つ年下)でもあり、94年の柔道全日本選手権準決勝で、小川の同大会6連覇の夢を阻んだのも吉田でした。直接対決はその94年以来とのこと。もちろん総合格闘技では初めてということで、どんな戦いになるのか非常に楽しみです。

小川はプロレスを代表するようなコメントを残していますが、ここで吉田を倒すことができれば、ハッスル以外の総合路線での活躍の場も増えそうです。PRIDEGP以来総合での試合の無い小川にとっては重要な1戦かも知れません。

吉田にとっても肉体改造を果たし、へビー級本格参戦の試金石となる試合になります。ここで良い勝ち方ができれば、PRIDEGP早期参戦も見えてくるでしょう。お互いに負けられない試合になりそうです。
b0063267_15392160.jpg

[PR]
by shock226 | 2005-11-15 15:38 | 格闘技・プロレス

ハッスルマニア

ハッスル・マニア 2005

DSEが、「PRIDE」とは全く異なるエンターテインメントプロレスを提唱し続けてきた「ハッスル」シリーズ。3日に、その集大成となる「ハッスルマニア」が横浜アリーナで行われました。

今回注目だった狂言師・和泉元彌とレイザーラモンHG。その2人は見事に勝利。いやー、ハッスルは面白いね。HGは継続参戦を表明。またハッスルに呼ばれるのを期待していますよー。

b0063267_18364481.jpg
これが和泉元彌の必殺技「空中元彌チョップ」。この格好でプロレスをやること自体すごいことです。ここから対戦相手の鈴木健想に飛びついてチョップを連発→フォール勝ち。


b0063267_1842096.jpgb0063267_18403917.jpg




















かなり打点の高いドロップキックはお見事。様になってます。コーナーでアン・ジョー司令長官を固めているときのアン・ジョー&小川の嫌そうな顔が印象的です。

b0063267_18463172.jpg
試合はHGがインリン様に対して「掟破りの逆M字固め」で勝利。こんな試合は彼じゃなきゃできませんね。
[PR]
by shock226 | 2005-11-04 18:50 | 格闘技・プロレス

星になった破壊王

プロレスラー橋本真也さん急死

プロレスラーの橋本真也さんが11日午前10時36分、脳幹出血のため横浜市南区の横浜市立大付属市民総合医療センターで亡くなりました。本人は1年ほど前から心臓に不安があったそうですが、まさか脳内出血とは・・・突然すぎると実感がわかないですよね。

私も復帰を心待ちにしていたファンの一人でしたが、もう「爆勝宣言」を聞くことができないと思うと非常に寂しいです。橋本選手、安らかにお眠りください・・・


小川直也選手のコメント
「正直まだ信じられない状態です。彼本人に直接会って確かめるまでは信じたくない。一刻も早く本当の事実をこの目で確かめてからでないと言葉は出ません」

坂口相談役(新日本)のコメント
「バカ野郎。顔を見るまで信じられない。オレより先に逝きやがって。弟みたいにかわいいやつだったよ。あいつを悪く言うやつはいなかった」
「もともと血圧は高かったが…。ゼロワンで心身ともに大変だったのではないか」


蝶野選手(新日本)のコメント
「初めはうそだと思った。彼は自分の目指すゴールを常にはっきり持っていた。とにかく真っすぐな人間。妥協を知らないプロレスラーらしいプロレスラーだった」
「リングに復帰することが一番の目標だと思っていたから、復帰させてやれなくて残念」
「以前から太く短く生きると言っていた。体中ボロボロだったと思う。それでも、本人がエンジョイした人生ならいいと思う」


榊原社長(DSE)のコメント
「ハッスルを小川選手とともに作り出した第一人者が、こういう形で亡くなったことは残念ですし、言葉もない」
「個人的にも仲良くさせていただきましたし、現実的に肩のケガを直してから、ハッスルにまた復帰をしていただけるということで、ウチのスタッフ、関係者とも話をしていた矢先のことなので……」


b0063267_923287.jpg

[PR]
by shock226 | 2005-07-12 09:24 | 格闘技・プロレス

新格闘技イベント「HERO’S」

HERO’S

かの前田日明氏がリングス活動休止3年を経て、新格闘技イベント「HERO’S」を立ち上げました。テレビで試合を見た感想ですが、ルールとしてはほとんどPRIDEと変わらないだけに、これからどう差別化していくのかなと思いました。

K-1と提携しての開幕戦は、現在認知されているK-1選手と発掘してきた選手をぶつける手法になりましたが、悪くないですね。PRIDE関係とはスタイルがぶつかりますし仲が悪いだけにK-1と手を組むしかないと思うのですが、K-1側と組めばTV局も好意的になるでしょうし、開幕戦で21時台の放送枠を確保できたのは好材料でした。

ファン層はいまのところ格闘マニア系がほとんど(判定でブーイングをするくらいのマニアが見に来ているようでした)と思われるので、ここからどれだけ一般層に団体をアピールできるかが肝になりそうです。すでに知名度があるK-1総合系の選手(山本KID、須藤元気など)のマッチメイクをあわせながら、独自発掘の選手を認知させていく方法をとるんじゃないかと予想します。

選手再生も狙っているのか、故障明けの選手や他団体でくすぶっている選手の起用もあり、その辺の手腕も見ものです。大山、勝ててよかったよつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

秋山はあれだけの体重差があるとかわいそうでしたね。レ・バンナの調子が良く、総合ルールにも慣れてきているだけにグラウンドに持ち込めなかったのが敗因でしょうか。レ・バンナのバランスの良さも目立ちましたが、相手に合わせて少し体重を絞ったのかな?去年より背中がスリムに見えました。秋山はこの敗戦を糧に更に頑張ってほしいです。
b0063267_1303350.jpg
2発目の膝蹴りでKO負け。痛そう・・・
[PR]
by shock226 | 2005-03-27 01:33 | 格闘技・プロレス

K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL

K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL

19日、ソウルで「K-1アジアGP」を含めた大会が行われました。

ASIA GP 2005 トーナメント

ASIA GP 2005 トーナメント 1回戦
ガオグライ・ゲーンノラシン ○-● 張慶軍
3R 判定3-0(30-28.5,30-29,30-28.5)

1回戦は硬さが目立った去年の本戦ベスト4のガオグライ。だが、徐々にペースを握り無事勝利。

ASIA GP 2005 トーナメント 1回戦
イ・ミョンジュ ●-○ 堀 啓
3R 判定0-3(26-28.5,26-28.5,28-29.5)

ブーイングを受けながらも冷静に戦った堀。相手を押し続けて判定勝ち。

ASIA GP 2005 トーナメント 1回戦
曙 ○-● 角田 信朗
3R 判定3-0(29-25,30-28.5,30-26)

43歳で現役復帰した魂の格闘家、角田。足を使って距離をとるも体格差はどうにもならず、ロープに詰められてダウンを奪われる。何とか立ち上がるものの判定になり負けてしまう。右フックやローキックがヒットしていただけに、もう少し機動力があれば勝ちも見えたかも。

ASIA GP 2005 トーナメント 1回戦
チェ・ホンマン ○-● 若翔洋
1R 1分40秒KO(2ノックダウン)

どちらもK-1初登場となったこの試合。韓国の巨人、チェ・ホンマンは意外にもパンチがうまかったですね。逆に若翔洋は準備不足の感がありました。持ち前のパワーでKO勝ち。


ASIA GP 2005 トーナメント 準決勝第1試合
ガオグライ・ゲーンノラシン ○-● 堀 啓
3R 判定3-0(30-26.5,30-27.5,29.5-26.5)

堀も体格差を生かして攻めるも、逆に試合巧者ガオグライの右ストレートでダウンを奪われる。そのままペースを握られ判定に。ガオグライの勝利。

ASIA GP 2005 トーナメント 準決勝第2試合
曙 ●-○ チェ・ホンマン
1R 0分42秒TKO(タオル投入)

日韓両横綱の戦いとなった準決勝第2試合。曙が前に出るも、角田戦で痛めた左足が悲鳴をあげ、TKOで試合終了。


ASIA GP 2005 トーナメント 決勝
ガオグライ・ゲーンノラシン ●-○ チェ・ホンマン
3R 判定0-1(29.5-30,29-30,29-29.5)
延長1R 判定0-3(9-10,9-10,9-10)

身長差30cm以上、体重差80kgと、ガオグライにとっては厳しすぎるハンデ戦。うまく立ち回るも間合いの違いから、打撃が効かない様子。チェはガオグライが間合いを詰めるときに捕らえようとするが、つかまえきれない。個人的には、手数が出ていてクリーンヒットも多かったガオグライの判定勝ちと見ます。あの体格差は反則に近いな・・・

PRIDEでは体重差がある試合では、体重が少ない選手にルール選択の自由がありますが、K-1では判定に1ポイント追加とか、そういうハンデがあってもいいんじゃないかと思いました。今年もガオグライを応援しますよー。
b0063267_2182744.jpg
出入りが激しいのに右フックを的確にヒットさせるテクニックは見事でした。ガオグライにとってハイキックが相手のミドルに当たるという体格差・・・でも一番勝ち気に溢れていました。タイの選手はメンタルが強いですね。
[PR]
by shock226 | 2005-03-20 02:19 | 格闘技・プロレス

K-1 WORLD MAX 2005~日本代表決定トーナメント~

K-1 WORLD MAX 2005~日本代表決定トーナメント~

ヘビー級より動きがあって面白いミドル級。その日本代表決定戦が行われました。素直な感想としては、実力がある人が勝ったのかな・・・と。

小比類巻はパンチがうまくなりましたね。準決勝で放ったカウンターの左フックは美しかったです。決勝でも、ボディへ打つと見せかけて軌道を変えての前蹴り。かわして右ストレートを入れようとした新田に、カウンターでアゴを打ち抜きました。あのタイミングで入ったら立てないですね。相手の意表をつく攻撃、お見事でした。

試合前日にKIDの負傷で対戦相手が変わってしまった武田。かなり調子が良かったみたいですが、武器の右足が諸刃の剣になってしまいました。無念の途中棄権・・・できれば小比類巻-武田の決勝が見たかったです。


見ていて興味深かったのはトーナメント以外のスーパーファイト2試合。イルマッツが総合ルールに対応できるかが鍵でしたが、無理だったようですね^^;グラウンドは一朝一夕では身につかないということでしょうか。あっさりサイドポジションとられてましたし。

もうひとつのスーパーファイトは、クラウス-ブアカーオの新旧王者対決。ブアカーオは相変わらず手数が出ていましたが、クラウス側も相当研究してきていたのか有効打が当たりません。クラウスが右腕をしっかりたたんで、ブアカーオの左ミドルをボディに受けないようにしていたのが特徴的でした。右が出せない分、左ジャブを多用してペースを握らせなかったのもうまかったですね。
今日のブアカーオは前蹴りを打つシーンがほとんどありませんでした。前蹴りで距離をとりつつキックで戦うのがブアカーオのスタイルだったはず。ミドルキックの間合いでは相手のパンチが届いてしまいます。ジャブの対応がお世辞にもうまいとはいえないブアカーオ。増量して相手を倒したい気持ちはわかりますが、一度原点を振り返ってみたほうがいいかも知れないです。

それより問題だったのはジャッジ。クラウスはダウンを奪っているにもかかわらず、判定では負けてました(0.5差で引き分け延長でしたが)。手数の多さを評価したのでしょうが、延長ラウンドの判定を含めて疑問が残りました。小比類巻-安廣戦でもジャッジに騒然となる場面も。重要な課題が残りましたね。去年からの王者優位のジャッジは変わっていませんでした。

角田さん、サップ戦もいいですが、ジャッジの改革のほうが大事じゃないですか?w
b0063267_23294924.jpg

[PR]
by shock226 | 2005-02-23 23:31 | 格闘技・プロレス

K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!:予想答え合わせ編

もうひとつの大晦日格闘技イベント。予想をするのはいいんですが、
あとの集計が大変ですね。格闘技イベントが多いときはメイン・セミ
くらいの予想にしておいたほうが無難なようです(汗

両方のイベントを見て思ったのは、柔道家の苦戦が多かったこと。
胴着を利用した攻撃・防御を相当研究されていると思います。
小川のように胴着を脱ぐ必要があるのかも知れません。ホイスも
上着は脱いでいましたし。

K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!

予想結果はこちら
[PR]
by shock226 | 2005-01-01 05:06 | 格闘技・プロレス

PRIDE男祭り2004:予想答え合わせ編

大晦日恒例格闘技イベントも無事終わり、私も友人宅から帰ってきたところです。
さて、寝る前に答え合わせしておきますか・・・

PRIDE男祭り2004-SADAME-

予想結果はこちら
[PR]
by shock226 | 2005-01-01 04:13 | 格闘技・プロレス

大晦日の対戦カード新たに決まる

シウバVSハント電撃決定
PRIDE王者と元K-1王者が激突
b0063267_12152635.jpg

桜庭の怪我による欠場により、対戦相手が
いなくなってしまったヴァンダレイ・シウバ。
新たな対戦相手がマーク・ハントに決定しま
した。
なかなか面白いカードになったのではないで
しょうか。シウバにとってはミドル級からヘビー
級にステップアップすることを考えれば非常に
いいマッチメイクでしょう。
ハントも右足首の状態も良さそうで、いい試合が期待できそうです。予想では
シウバの勝ち・・・かなぁ。





武蔵vsオヘア=Dynamite!!

プライドのカードと比べていまいちぱっとしなかったのは武蔵の対戦相手。
ショーン・オヘア・・・ってあんまり記憶に無いんですが・・・ハワイのイベント
で大山を倒してるんですね。1R31秒とは結構早いタイムで勝ってますね。
1発はありそうです。油断していると危なそうです。
まあ、順当に武蔵の判定勝ち・・・
b0063267_12244764.jpg

左がオヘアです。
[PR]
by shock226 | 2004-12-30 12:31 | 格闘技・プロレス