カテゴリ:欧州カップ戦( 42 )

06-07UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ決まる

中村のセルティックはミランと対戦=CL

15日、スイスのニヨンでチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われました。組み合わせは以下の通りです。


FCポルト(ポルトガル)vs.チェルシー(イングランド)
セルティック(スコットランド)vs.ミラン(イタリア)
PSV(オランダ)vs.アーセナル(イングランド)
リール(フランス)vs.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
ローマ(イタリア)vs.リヨン(フランス)
バルセロナ(スペイン)vs.リバプール(イングランド)
レアル・マドリー(スペイン)vs.バイエルン(ドイツ)
インテル(イタリア)vs.バレンシア(スペイン)


我らが中村俊輔所属のセルティックは、なんとミランと対決することに。最初から厳しい相手ですが、ミランは決して本調子と言える状態にはないので、付け入る隙はあるかも。私が応援するアーセナルの対戦相手はPSV、比較的戦いやすい相手と当たりました。まだくじ運はあるかな。他の注目カード(ある意味全て注目ですが)は、バルセロナ-リヴァプールの新旧王者対決、ポルト-チェルシーのモウリーニョ対決の2試合でしょうか。今から2月の試合が楽しみです。
[PR]
by shock226 | 2006-12-16 11:44 | 欧州カップ戦

06-07UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節

<グループA>

b0063267_13575955.jpgバルセロナ 2-2 チェルシー
【得点者】
デコ(前半3分)、ランパード(後半7分)、グジョンセン(後半13分)、ドログバ(後半48分)

ホームのバルセロナがリードするも、ペースをつかみきれずに結局はドロー。チェルシーは決勝T進出に大きく前進。対するバルセロナはグループリーグ敗退の危機。


レフスキ・ソフィア 0-3 ブレーメン
【得点者】
オウンゴール(前半33分)、バウマン(前半35分)、フリンクス(前半37分)

地力に勝るブレーメンが4分で3得点を決めて、前節に続き快勝。残り2節でバルセロナを完全に蹴落とすことはできるでしょうか。


順位       勝点 得失点
1 チェルシー 10   5
2 ブレーメン   7   3
3 バルセロナ  5   4
4 レフスキ    0 -12


<グループB>

b0063267_13581187.jpgスパルタク・モスクワ 0-1 インテル
【得点者】
クルス(前半1分)

アウェイのインテルが59秒で先制点を上げてペースをつかむと、このまま逃げ切って勝利。やっぱりクルスは良い仕事するねぇ。


バイエルン 0-0 スポルティング

バイエルンはいくつかの決定機を外しスコアレスドローに終わるも、決勝T進出決定。スポルティングは次節インテルに勝たないとグループリーグ敗退決定。


順位         勝点 得失点
1 バイエルン    10   7
2 インテル      6  -1
3 スポルティング  5   0
4 スパルタク     1  -6


<グループC>

b0063267_13582452.jpgリヴァプール 3-0 ボルドー
【得点者】
ルイス・ガルシア(前半23分)、ジェラード(後半27分)、ルイス・ガルシア(後半31分)

ホームのリヴァプールがボルドーを撃破して決勝T進出決定。ボルドーは怪我人、退場者に悩まされて本来の力を発揮できず。


PSV 2-0 ガラタサライ
【得点者】
シモンス(後半14分)、コネ(後半39分)

ガラタサライのトマスがファルファンを倒して1発退場。その後のPSVの攻撃を凌ぎきれなかったガラタサライは敗戦。PSVは決勝T進出決定。ガラタサライの今後の目標はグループリーグ3位を死守してUEFA杯に出場することになりました。


順位         勝点 得失点
1 リヴァプール  10   5
2 PSV       10   4
3 ガラタサライ    1  -4
4 ボルドー      1  -5


<グループD>

b0063267_13583711.jpgシャフタール 2-2 バレンシア
【得点者】
ジャドソン(前半2分)、モリエンテス(前半18分)、フェルナンジーニョ(前半28分)、アジャラ(後半33分)

アウェイのバレンシアは2度リードを許すも、きっちり追いついてドロー。決勝T進出を決める。


ローマ 1-1 オリンピアコス
【得点者】
ジュリオ・セザール(前半19分)、トッティ(後半31分)

ローマがホームで引き分け、決勝T進出に足踏み。ローマは次節のシャフタール戦に引き分け以上で進出決定。シャフタールとオリンピアコスは勝利のみが進出に望みを残す厳しい状況。


順位         勝点 得失点
1 バレンシア   10   5
2 ローマ       7   4
3 オリンピアコス  2  -3
4 シャフタール   2  -6


<グループE>

b0063267_13585312.jpgリヨン 1-0 ディナモ・キエフ
【得点者】
ベンゼマ(前半14分)

ホームのリヨンが、期待の若手ベンゼマのゴールで勝利。4季連続となるCL決勝T進出を決める。


レアル・マドリー 1-0 ステアウア・ブカレスト
【得点者】
オウンゴール(後半25分)

撃っても撃っても決められないレアル・マドリーは、相手のオウンゴールで何とか勝利。ファン・ニステルローイはPKのチャンスも枠を外してしまう始末。同じ勝点3でもリヨンとは印象が全然違いますね。


順位         勝点 得失点
1 リヨン       12   9 
2 レアル・マドリー  9   6
3 ステアウア     3  -4
4 ディナモ・キエフ  0 -11


<グループF>

b0063267_1359468.jpgコペンハーゲン 1-0 マンチェスターU
【得点者】
アルベック(後半28分)

なんとFCコペンハーゲンが強豪マンチェスターU相手に金星達成。この勝利でコペンハーゲンは決勝T進出に望みをつなげることに成功。


ベンフィカ 3-0 セルティック
【得点者】
オウンゴール(前半10分)、ヌーノ・ゴメス(前半22分)、カリアカ(後半31分)

ホームのベンフィカが、前節のお返しとばかりに真逆のスコアで勝利。ベンフィカも決勝T進出に希望を残す。


順位           勝点 得失点
1 マンチェスターU   9   4
2 セルティック     6   0
3 ベンフィカ       4  -1
4 コペンハーゲン   4  -3


<グループG>

b0063267_13591765.jpgアーセナル 0-0 CSKAモスクワ

数多くのチャンスを全くモノにできなかったアーセナルはドロー。CSKAモスクワは次節勝利すれば決勝T進出決定。アーセナルは残り2戦、負けられなくなりました。昨季のファイナリストがグループリーグで終わっちゃいかんでしょ。


ハンブルガーSV 1-3 ポルト
【得点者】
ルチョ・ゴンサレス(前半44分)、リザンドロ・ロペス(後半16分)、ファン・デルファールト(後半17分)、ブルーノ・モラエス(後半42分)

ポルトが前節に続いてハンブルガーを撃破。3チームで2枠を争う激戦に。ハンブルガーは今だ勝点0で最下位決定。リーグ戦でも良いところがないだけに踏んだり蹴ったり。


順位           勝点 得失点
1 CSKAモスクワ   8   2
2 アーセナル      7   2
3 ポルト         7   3
4 ハンブルガーSV   0  -7


<グループH>

b0063267_1359305.jpgミラン 4-1 アンデルレヒト
【得点者】
カカ(前半6分、前半22分、後半11分)、ユハス(後半16分)、ジラルディーノ(後半43分)

カカがハットトリックの活躍できっちり勝利。残り2戦で勝点1を獲得できれば決勝T進出決定。


AEKアテネ 1-0 リール
【得点者】
リベロプロス(後半29分)

ホームのAEKがリールに勝利して決勝T進出に望みをつなぐ。


順位        勝点 得失点
1 ミラン       10   7
2 リール       5   1
3 AEKアテネ    4  -4
4 アンデルレヒト  2  -1
[PR]
by shock226 | 2006-11-04 13:57 | 欧州カップ戦

06-07UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第3節

<グループA>

b0063267_4194859.jpgチェルシー 1-0 バルセロナ
【得点者】
ドログバ(後半2分)

GKに負傷者が続出しているチェルシーは、第3GKイラリオがスタメンで出場。チェルシーはロナウジーニョを、バルセロナはドログバを徹底マークして攻撃の芽を潰す作戦に。ドログバはそのマークの隙をかいくぐって見事なシュートを決め、これが決勝点に。仲間の負傷に団結したチェルシーが一枚上手だったか。


ブレーメン 2-0 レフスキ・ソフィア
【得点者】
ナウド(前半46分)、ジエゴ(後半28分)

地力に勝るブレーメンが勝利。ブレーメンはようやく勝点を獲得。


順位       勝点 得失点
1 チェルシー  9   5
2 バルセロナ  4   4
3 ブレーメン   4   0
4 レフスキ    0  -9


<グループB>

b0063267_41957100.jpgインテル 2-1 スパルタク・モスクワ
【得点者】
クルス(前半1分、9分)、パフリュチェンコ(後半9分)

レコバ、フリオ・クルスという贅沢すぎるサブをスタメン起用してきたインテル。その変更が前半9分で2得点という結果をもたらすことに。その後1点差に詰め寄られるも、なんとか逃げ切ってインテルがCL初勝利。


スポルティング 0-1 バイエルン
【得点者】
シュバインシュタイガー(前半19分)

アウェイのバイエルンは、シュバインシュタイガーの25mを超える無回転ロングシュートで先制。そのシュバインシュタイガーは後半開始早々2枚目の警告を受けて退場。数的不利の状況を何とか守りきったバイエルンが3勝目。


順位         勝点 得失点
1 バイエルン     9   7
2 スポルティング  4   0
3 インテル      3  -2
4 スパルタク     1  -5


<グループC>

b0063267_4201183.jpgボルドー 0-1 リヴァプール
【得点者】
クラウチ(後半13分)

ホームのボルドーがボールは支配するも、好機はリヴァプールのほうが多い展開。前半いくつかチャンスを逃していたクラウチがようやく決めて勝利。ボルドーはこれで3試合連続無得点と元気なし。司令塔ミクーのプレーにもキレがないようで。


ガラタサライ 1-2 PSV
【得点者】
イリッチ(前半19分)、クロンカンプ(後半14分)、アルナ・コネ(後半27分)

決勝トーナメント進出のために負けられないホームのガラタサライが先制。しかし、後半に逆転を許し、無念の敗戦。これで決勝トーナメント行きは相当苦しくなったか。稲本は先発出場するも得点に絡むことはなし。


順位         勝点 得失点
1 リヴァプール   7   2
2 PSV        7   2
3 ガラタサライ    1  -2
4 ボルドー      1  -2


<グループD>

b0063267_4202677.jpgバレンシア 2-0 シャフタール
【得点者】
ビジャ(前半31分、45分)

ホームのバレンシアがシャフタールの隙を突いて2得点し快勝。2得点目のホアキンのクロスは、GKの手がギリギリ届かない高さで通す正確さで供給。見事でした。


オリンピアコス 0-1 ローマ
【得点者】
ペロッタ(後半31分)

アウェイの戦いに挑んだローマは、観客が投げた爆竹がトッティに直撃するというアクシデントもあり、若干慎重な戦いぶりに。決勝点の起点はそのトッティから右サイドをオーバーラップしたロージへ。低いクロスをペロッタ押し込む展開でした。その後をしっかり守りきったローマが勝利。


順位         勝点 得失点
1 バレンシア    9   5
2 ローマ       6   4
3 オリンピアコス  1  -3
4 シャフタール   1  -6


<グループE>

b0063267_4204227.jpgディナモ・キエフ 0-3 リヨン
【得点者】
ジュニーニョ(前半31分)、シェルストレーム(前半38分)、マルダ(後半5分)

ジュニーニョの芸術的FKを皮切りに3得点無失点でリヨンが快勝。磐石ですね。


ステアウア・ブカレスト 1-4 レアル・マドリー
【得点者】
セルヒオ・ラモス(前半9分)、ラウール(前半34分)、ロビーニョ(後半11分)、バデア(後半19分)、ファン・ニステルローイ(後半31分)

アウェイのレアル・マドリーが4得点で大勝。ロビーニョのループシュートにはルーマニアの観客も立ち上がって称賛。ファン・ニステルローイは史上3人目となるCL50得点、ベッカムはCL通算100試合出場と記録も盛りだくさん。


順位         勝点 得失点
1 リヨン        9   8 
2 レアル・マドリー  6   5
3 ステアウア     3  -3
4 ディナモ・キエフ  0 -10


<グループF>

b0063267_4205764.jpgセルティック 3-0 ベンフィカ
【得点者】
ミラー(後半11分、21分)、ピアソン(後半45分)

決勝トーナメント進出には絶対に負けられないベンフィカ戦。セルティックは試合開始から攻撃的な姿勢を見せ、3得点で勝利。下位2チームとの勝ち点差を5に広げることに成功。俊輔は積極的にシュートを放ち、そのこぼれ球が2得点に絡むなど、勝利に貢献。


マンチェスターU 3-0 コペンハーゲン
【得点者】
スコールズ(前半39分)、オシェイ(後半1分)、リチャードソン(後半38分)

オールドトラフォードに乗り込んだFCコペンハーゲン。しかし、地力の差はいかんともしがたく、GKクリスティアンセンが好セーブを見せるも完敗。ホームのマンチェスターUは昨季骨折したアラン・スミスが途中出場して実戦復帰。


順位           勝点 得失点
1 マンチェスターU   9   5
2 セルティック     6   3
3 ベンフィカ       1  -4
4 コペンハーゲン   1  -4


<グループG>

b0063267_421852.jpgCSKAモスクワ 1-0 アーセナル
【得点者】
ダニエル・カルバーリョ(前半24分)

なんと我らがガンナーズがCSKAに負けるという衝撃的な試合に。失点後アーセナルは攻め、ゴールネットを何度も揺らすも、オフサイドとハンドの判定に泣かされる。今日はスペインの審判団か・・・


ポルト 4-1 ハンブルガーSV
【得点者】
リサンドロ・ロペス(前半14分)、ルイス・ゴンサレス(前半48分)、ポスティガ(後半24分)、リサンドロ・ロペス(後半36分)、トロショフスキ(後半44分)

ホームのポルトが2試合無得点の鬱憤を晴らす4得点で快勝。対するハンブルガーSVは3連敗と泥沼。


順位           勝点 得失点
1 CSKAモスクワ   7   2
2 アーセナル      6   2
3 ポルト         4   1
4 ハンブルガーSV   0  -5


<グループH>

b0063267_4212531.jpgアンデルレヒト 0-1 ミラン
【得点者】
カカ(後半13分)

アウェイのミランが後半開始早々にボネーラの退場で10人となってしまう苦しい展開。しかし、逆境で輝くのがスターだと言わんばかりにセードルフのカウンターからカカがゴールを決める。これが決勝点となってミランが勝利。勝ちはしたものの、FWの決定力不足は今後の課題か。


リール 3-1 AEKアテネ
【得点者】
ロバイユ(後半19分)、イビッチ(後半23分)、ギガックス(後半37分)、マクン(後半46分)

ホームのリールは一時同点に追いつかれるも、終盤に引き離して勝利。この勝利で単独2位浮上。


順位        勝点 得失点
1 ミラン        7   4
2 リール       5   2
3 アンデルレヒト  2  -1
4 AEKアテネ    1  -5
[PR]
by shock226 | 2006-10-20 04:44 | 欧州カップ戦

06-07UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節

忙しさにかまけて、ここのところ更新できていませんでした。すいませんです。とりあえず、CLから・・・

<グループA>

b0063267_4241684.jpgレフスキ・ソフィア 1-3 チェルシー
【得点者】
ドログバ(前半39分、後半7分、23分)、オグニャノフ(後半44分)

開幕から調子の良いドログバがハットトリックの大活躍でチェルシーが快勝。レフスキは最後に一矢報いれただけでも健闘したほうじゃないかと。


ブレーメン 1-1 バルセロナ
【得点者】
オウンゴール(後半11分)、メッシ(後半44分)

試合開始からブレーメンが積極的に仕掛け、DFプジョールのオウンゴールを呼び込む。その後は選手交代で流れを変えようとバルセロナが攻める。試合終了間際にメッシのゴールでなんとか同点に。ブレーメンにとっては悔しい結果になってしまいました。この試合で途中交代したエトーは右ひざ靭帯損傷で2・3ヶ月の離脱。



<グループB>

b0063267_424116.jpgインテル 0-2 バイエルン
【得点者】
ピサロ(後半36分)、ポドルスキ(後半46分)

リーグ戦でも今ひとつ波に乗れないインテル。そんな雰囲気を引きずってしまった試合でした。チームの要であるイブラヒモビッチとグロッソが退場処分になるなど、踏んだり蹴ったり。グループBの本命が今だ勝点ゼロ。


スパルタク・モスクワ 1-1 スポルティング
【得点者】
ボヤリンツェフ(前半5分)、ナニ(後半14分)

ホームのスパルタクが早々に先制するも、ナニのゴールに沈黙。勝利を逃してしまう。スポルティングはインテル戦に続いて勝点を獲得。



<グループC>

b0063267_4234587.jpgリヴァプール 3-2 ガラタサライ
【得点者】
クラウチ(前半9分)、ルイス・ガルシア(前半14分)、クラウチ(後半7分)、ウミト・カラン(後半14分、20分)

リヴァプールがクラウチとルイス・ガルシアのゴールで勝利。クラウチのCLでのゴールは去年11月以来とのこと。先制のボレーは完璧でした。W杯で見せてくれればよかったのに・・・w ちなみにガラタサライに所属する稲本は体調不良のため遠征メンバーにも入りませんでした。


ボルドー 0-1 PSV
【得点者】
バイリネン(後半20分)

ホームのボルドーが攻める姿勢を見せるも、PSVのバックラインは揺らがず。逆にPSVが決定機をモノにして勝利。



<グループD>

b0063267_4232744.jpgバレンシア 2-1 ローマ
【得点者】
アングーロ(前半13分)、トッティ(前半18分)、ビジャ(前半29分)

前半の2得点で勝負を決めたバレンシア。後半のローマの猛攻を耐え切ってグループD首位に。バレンシアはリーガで王者バルセロナと引き分けており、キケ・フローレス監督体制2年目で安定感も出てきたようです。


シャフタール 2-2 オリンピアコス
【得点者】
コンスタンティヌ(前半24分)、マツザレム(前半34分)、カスティージョ(後半23分)、マリカ(後半25分)

試合を支配していたのはホームのシャフタールながら先手を取っていったのはオリンピアコス。取って取られての展開は結局傷み分け。シャフタールにとってはホームで勝ちたかっただけに厳しい結果か。



<グループE>

b0063267_423791.jpgレアル・マドリー 5-1 ディナモ・キエフ
【得点者】
ファン・ニステルローイ(前半20分)、ラウール(前半27分)、レジェス(前半46分)、ミレフスキー(後半2分)、ラウール(後半16分)、ファン・ニステルローイ(後半25分)

レアル・マドリーがホームで貫禄の勝利。まあ、純粋な戦力差から見ればこのぐらい爆発してもおかしくないわけですが。この日2ゴールのファン・ニステルローイは先月生まれた愛娘に捧げるゆりかごダンスを披露。このパフォーマンスに周りがリアクションを取りきれてなかったのが面白かったですw


ステアウア・ブカレスト 0-3 リヨン
【得点者】
フレッジ(前半43分)、チアゴ(後半10分)、ベンゼマ(後半44分)

こちらの試合もリヨンが終始試合をリードして貫禄の勝利。リヨンは若手(まだ10代)のFWベンゼマも結果を残し、チーム体制が充実していることを見せつけました。



<グループF>

b0063267_4225380.jpgベンフィカ 0-1 マンチェスターU
【得点者】
サハ(後半15分)

アウェイのマンチェスターUがサハの得点で勝利。昨季の借りをようやく返せた形。欲を言えばもっと得点できるチャンスがあっただけに残念。


セルティック 1-0 コペンハーゲン
【得点者】
ミラー(前半36分)

この試合もキレのある動きを見せていた中村俊輔。その中村がペナルティエリア内でドリブル突破。たまらずDFが足を出してしまいPKの判定。微妙といえば微妙な判定ですが、勝負する気持ちがなければ生まれなかったもの。攻撃的な姿勢は評価できます。このPKをスコットランド代表FWミラーがきっちり決めて勝利。



<グループG>

b0063267_4223868.jpgアーセナル 2-0 ポルト
【得点者】
アンリ(前半38分)、フレブ(後半3分)

昨季からプレミアよりもCLの方が調子が良いガンナーズ。アンリが記念となる欧州カップ戦50ゴール目を叩き込んで先制。それに続いたのがフレブ。試合もセスクのシュートブロックを除いて危なげなく、きっちり勝利。対するポルトは2戦連続無得点と元気なし。


CSKAモスクワ 1-0 ハンブルガーSV
【得点者】
ドゥドゥ(後半14分)

ハンブルガーSVがボールを支配するも、ゴールを決めたのはCSKAモスクワ。反撃に出たいハンブルガーSVは選手交代で事態を打開しようとするも、最後に交代したラウトが5分で退場処分。これで反撃の望みを絶たれてしまいました。



<グループH>

b0063267_4222587.jpgリール 0-0 ミラン

ホームのリールが手堅く守って勝点1獲得。ミランは攻めるもフィニッシュが決まらず、味気ないドロー。


AEKアテネ 1-1 アンデルレヒト
【得点者】
フルトス(前半25分)、ジュリオ・セザール(前半28分)

こちらは点が入ったものの、同じくドロー。アンデルレヒトがきっちり守って勝点をゲットしたことを誉めるべきか。
[PR]
by shock226 | 2006-10-02 04:24 | 欧州カップ戦

06-07UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節

<グループA>

b0063267_20295045.jpgバルセロナ 5-0 レフスキ・ソフィア
【得点者】
イニエスタ(前半7分)、ジュリ(前半39分)、プジョール(後半4分)、エトー(後半13分)、ロナウジーニョ(後半48分)

ディフェンディングチャンピオンのバルセロナが、ホームで王者の貫禄を見せて快勝。レフスキもいくつか惜しいシーンはあったものの、さすがに相手が悪かったか。


チェルシー 2-0 ブレーメン
【得点者】
エッシェン(前半24分)、バラック(後半23分)

バラックがブレーメン相手にPKながら移籍後初得点。クローゼやフリンクスは不発。



<グループB>

b0063267_2030236.jpgバイエルン 4-0 スパルタク・モスクワ
【得点者】
ピサロ(後半3分)、サンタクルス(後半7分)、シュバインシュタイガー(後半26分)、サリハミジッチ(後半39分)

前半はサポーターからブーイングを受けるような展開も、後半はゴールラッシュ。ポドルスキは結果を残せなかったので、次回に期待。


スポルティング 1-0 インテル
【得点者】
カネイラ(後半19分)

インテルがアウェイで惜敗。イブラヒモビッチ、アドリアーノの2トップは補完性がないような・・・ヴィエラが退場してしまうなど中盤の組み立てもグダグダだったし、課題が多そうです。



<グループC>

b0063267_20301729.jpgPSV 0-0 リヴァプール

ジェラードのポストを叩く惜しいシュートがあったものの、スコアレスドロー。リヴァプールはアウェイ戦を無失点で抑えたのは4月ぶりとのこと。


ガラタサライ 0-0 ボルドー

アーセナルからガラタサライに移籍した稲本はこの日も先発フル出場。得点に絡むことはできなかったものの、ディフェンスで奮闘。ミクーをよく潰してました。



<グループD>

b0063267_20302883.jpgオリンピアコス 2-4 バレンシア
【得点者】
コンスタンティヌ(前半28分)、モリエンテス(前半34分、39分)、カスティージョ(後半21分)、アルビオル(後半40分)、モリエンテス(後半45分)

バレンシアのモリエンテスがアウェイでハットトリック達成。特に3点目のヘディングは完璧でした。レアル・マドリーとリヴァプールで悩んだストライカーがついに復活か。


ローマ 4-0 シャフタール
【得点者】
タッディ(後半22分)、トッティ(後半31分)、デ・ロッシ(後半34分)、ピサーロ(後半44分)

ローマが後半途中から4ゴール。スパレッティ監督の愛弟子であるピサーロ(インテルから移籍)も結果を残す。



<グループE>

b0063267_203041100.jpgリヨン 2-0 レアル・マドリー
【得点者】
フレッジ(前半11分)、ティアゴ(前半31分)

フランスの絶対王者リヨンがレアル・マドリー相手にきっちり勝利。いまだにレアル・マドリーはチーム内の整備ができていないようで、リーガでも苦しみそう。


ディナモ・キエフ 1-4 ステアウア・ブカレスト
【得点者】
ギオネア(前半3分)、レブロフ(前半16分)、バデア(前半24分)、ディカ(前半43分、後半24分)

意外や意外、アウェイのステアウア・ブカレストが快勝。レアル・マドリーが勝点を伸ばせないと、ステアウアが面白い存在になるかも。



<グループF>

b0063267_20305388.jpgマンチェスターU 3-2 セルティック
【得点者】
フェネホール(前半21分)、サハ(前半30分、40分)、中村(前半43分)、スールシャール(後半2分)

俊輔が日本人選手初となるCLでの得点を完璧なFKで決める。しかし、怪我から復帰したスールシャールに決勝点を奪われて惜敗。


コペンハーゲン 0-0 ベンフィカ

ホームのFCコペンハーゲンが、昨季ベスト8まで勝ち進んだベンフィカ相手に価値あるドロー。



<グループG>

b0063267_203136.jpgハンブルガーSV 1-2 アーセナル
【得点者】
ジウベルト・シウバ(前半12分)、ロシツキ(後半8分)、サノゴ(後半46分)

アウェイのアーセナルが、キャプテンのアンリ抜きで勝利。ロシツキは2002年のアーセナル戦以来の得点。


ポルト 0-0 CSKAモスクワ

ポルトがゲームを支配するも、得点には至らず。カレスマの調子は良かっただけに残念。



<グループH>

b0063267_20311286.jpgACミラン 3-0 AEKアテネ
【得点者】
インザーギ(前半17分)、グルクフ(前半41分)、カカ(後半31分)

今節休養しているピルロに代わって出場したグルクフが見事な活躍で勝利に貢献。ミランは今季も安定した戦いぶりをみせてくれそうです。


アンデルレヒト 1-1 リール
【得点者】
バレハ(前半41分)、フォベルゲ(後半35分)

アンデルレヒトが先制するも、リードを守りきれずにドロー。
[PR]
by shock226 | 2006-09-14 20:32 | 欧州カップ戦

チャンピオンズリーグFINARE2006PARIS

バルセロナ 2-1 アーセナル
【得点者】
キャンベル(前半37分)、エトー(後半31分)、ベレッチ(後半36分)

今年はチャンピオンズリーグ(以前の名称はチャンピオンズカップ)が創設されてちょうど50年。その節目の年に、第1回大会の決勝が行われたパリへビッグイヤーが戻ってきました。

バルセロナはいつも通りの4-3-3。メッシが出場できるのではないかと言われていましたが、ふたを開けてみればサブにも登録されていませんでした。アンリをケアするためか、右サイドバックには攻撃力のあるベレッチではなく、オレゲールを起用。一方、アーセナルはこれまで堅守を見せてきた4-5-1。ディフェンスには経験のあるキャンベルを起用、1トップのアンリをサポートするセカンドトップ気味に配置されたのは往年の盟友ピレス。さすがに決勝前のアンセムを聴くとゾクゾクしますね。

試合開始早々の2分、アーセナルが決定機をつくります。右SBエブエのクロスをアンリが絶妙トラップでゴール前へ。GKビクトール・バルデスが飛び出しシュートを体に当て、何とか防ぎます。バルセロナはエトーとロナウジーニョが徹底マークされている分、右ウイングのジュリが積極的にアタックを仕掛けてきます。

一進一退の緊張感のあるゲームがずっと続くかと思いきや、前半18分エトーの抜け出しをGKレーマンが体を張った飛び出し。ペナルティエリアギリギリのところでエトーの足に手を掛けてしまい一発退場。アーセナルが一人欠き、正GKも失ってしまうことになります。ちなみに決勝での退場者は初とのこと。いろいろな意味でネタを提供してくれたレーマンは、こんな大事な舞台で記録に残ることをやってしまいましたね。急遽GKアルムニアが投入、ピレスと交代。危ないFKの場面はロナウジーニョが枠を捉えきれずにアウト。

一人少なくなってしまったアーセナルは守勢に、バルセロナは更にボールを持つ時間が長くなります。数少ないカウンターを狙ってアンリとリュングベリが仕掛けるくらいで、ほとんどの時間を自陣内で過ごすことに。しかし、先制したのはアーセナルでした。右サイドを突破したエブエがプジョールに倒され(る演技?)FKを獲得。アンリが蹴ったボールはオーバーラップしていたキャンベルの頭にドンピシャ。綺麗な弾道でゴールに吸い込まれていきました。

数少ないセットプレイのチャンスから先制したアーセナル。このまま逃げ切るために全員で必死に守備に奔走。ゴール前で懸命にボールをはじき返します。試合が動いたのは後半、次々と攻撃的なカードを切っていったライカールト監督の采配から生まれました。後半開始から中盤の底にいたエジミウソン→イニエスタ、後半16分にはMFファン・ボメル→FWラーション、26分には守備的なオレゲールをベレッチに代えて更に攻撃的にします。

結果的にはこの采配がズバリ的中。ラーションのシンプルなパスからエトーが抜け出して同点に。更にラーションが右に流れて中央に折り返し、そこに走りこんできたベレッチがゴール。ベレッチはCL初得点が貴重な決勝ゴールになりました。アーセナルは虎の子の1点を守りきることができず、エトーにゴールを奪われた時点で緊張が切れてしまったかも知れません。それまで、アップ無しにもかかわらず、更に後半から降ってきた雨の影響でボールが滑りやすくなっている状況でも、安定感ありすぎる飛び出しとセービングを見せていたアルムニアにとってはきつい2点だったでしょう。

逆転したバルセロナに対して、一人足りない状況で守りに徹し走り続けたアーセナルは体力が残っておらず、同点にするための力が残っていませんでした。そしてこのまま試合終了。バルセロナが、1992年以来、2度目の優勝を成し遂げました。自分はそのときテンション檄低でしたが(;´Д`) ジルベルト・シウバは泣いてましたし・・・アーセナルには来季頑張ってくれと言うしかないです。アンリ、是非残留して来季もガンナーズを引っ張ってください。
b0063267_11271841.jpg
ラーションは有終の美を飾りました。
[PR]
by shock226 | 2006-05-18 11:28 | 欧州カップ戦

チャンピオンズリーグ、準決勝2legの結果

b0063267_14471598.jpgバルセロナ 0-0 ACミラン

トータルスコア
バルセロナ 1-0 ACミラン

1legを勝利したバルセロナが優勢に試合を進める展開に。バルセロナ攻撃陣をシャットアウトしたヂダに対して、ミラン攻撃陣は攻め手を欠きゴールを決めることができません。シェフチェンコのヘディングが決まってもファウルで取り消される不運もあり、このままスコアレスドロー。バルセロナが12年ぶりに決勝に進むことが決まりました。




b0063267_14465297.jpgビジャレアル 0-0 アーセナル

トータルスコア
ビジャレアル 0-1 アーセナル

ミランと同じように得点が絶対必要だったビジャレアル。ビジャレアルが優勢に試合を進め、リケルメが攻撃をリードします。ビジャレアルは何度も決定機をつくりだしますが、今日の主役はアーセナルGKレーマンでした。ドイツ代表監督クリンスマンから正GKと発表されてから益々プレーに安定感が増したようで、この日は特に神セーブを連発。レーマン様様と言った状況でした。レーマンのファインセーブ以外にもビジャレアル攻撃陣がシュートを外し続けるなど、運と決定力の無さを露呈します。試合終了間際にはFWホセ・マリがDFクリシーに倒されてビジャレアルがPK獲得。もちろんキッカーは大黒柱のリケルメ。ここでもレーマンの神懸りセーブが炸裂。失敗を恐れてかコースが甘かったのもありましたが、見事にPKをシャットアウト。その後も得点を奪うことは出来ずに試合終了。奇しくもバルセロナ-ミラン戦と同じようなスコアで勝利したアーセナルが無失点記録を10に伸ばすと共に、フランス行きの切符を獲得しました。アーセナルおめでと~♪


なんとfctokyo12さんが期待していた対戦カードが実現してしまいましたね。予言的中!素晴らしいです。決勝は5月17日、パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われます。アンリの決勝ゴールでアーセナルが優勝してくれたら最高だなぁ・・・というか、アーセナルは優勝できないと来季のCLに出場できない可能性がかなり高いので是非優勝してください(汗
[PR]
by shock226 | 2006-04-27 14:49 | 欧州カップ戦

チャンピオンズリーグ、準決勝1legの結果

b0063267_2492854.jpgACミラン 0-1 バルセロナ
【得点者】
ジュリ(後半12分)

インザーギが発熱で欠場、ジラルディーノとシェフチェンコで2トップを組んだミラン。一方デコを出場停止で欠くものの、エジミウソン、イニエスタ、ファン・ボメルで中盤を構成したバルセロナ。両チームとも、完成度の高いプレイを見せてくれました。試合は休養明けで元気一杯のロナウジーニョのスルーパスを生かしたジュリがゴール。バルセロナが貴重なアウェイゴールで勝利しました。しかし、最小得失点だけに油断は禁物。先勝しつつ結局は敗退してしまったインテルのような例もあるので、気合を入れてカンプ・ノウでも頑張って欲しいです。



b0063267_249441.jpgアーセナル 1-0 ビジャレアル
【得点者】
コロ・トゥーレ(前半41分)

ホームのアーセナルが、本拠地ハイバリーでの最後の欧州カップ戦を白星で飾ると共に、CL無失点試合記録を9に更新。ヤングアーセナルの快進撃はどこまで続くのか、期待しちゃいますよ~♪
[PR]
by shock226 | 2006-04-24 02:50 | 欧州カップ戦

チャンピオンズリーグ、準々決勝2legの結果

b0063267_192695.jpgバルセロナ 2-0 ベンフィカ
【得点者】
ロナウジーニョ(前半19分)、エトー(後半44分)

トータルスコア
バルセロナ 2-0 ベンフィカ

1legではツキにも恵まれずに無得点だったバルセロナ。前半早々のPKのチャンスをロナウジーニョが外してしまうも、19分に自分でPK失敗を穴埋めする先制弾。試合終了間際にはエトーが駄目押しでバルセロナが勝利。やっぱり本命は強いねぇ。



b0063267_1922755.jpgユベントス 0-0 アーセナル

トータルスコア
ユベントス 0-2 アーセナル

カモラネージ、ゼビナ、ヴィエラを出場停止で欠いたユベントスは、アーセナルの若いディフェンス陣を崩すことができず。逆にアンリやファブレガスに攻撃されるもGKブッフォンが好セーブ。カペッロ監督は攻撃強化のためにサラジェタを投入し3トップに変更しますが、それでも流れを変えることはできずにスコアレスで試合終了。トータルスコアでアーセナルが初のチャンピオンズリーグ準決勝進出を決める。やったぜ、ガンナーズ!しかも、CL8試合連続無失点記録のおまけつき。ミランの記録を抜きました。この調子で準決勝も勝ち抜いてほしいです。


b0063267_1924569.jpgビジャレアル 1-0 インテル
【得点者】
アルバアレナ(後半13分)

トータルスコア
ビジャレアル 2-2 インテル(アウェイゴール方式で3-2)

リケルメ、フォルランらがキレのある動きで攻撃を演出したのに対して、アドリアーノを徹底マークされたインテルは攻撃にリズムを作り出すことができません。絶好調のリケルメが自ら獲得したFKをアルバアレナに合わせて決勝弾。アウェイゴール差でインテルに勝利。今季のダークホースはビジャレアルだったか。


b0063267_19377.jpgACミラン 3-1 リヨン
【得点者】
インザーギ(前半28分)、ディアッラ(前半31分)、インザーギ(後半43分)、シェフチェンコ(後半48分)

トータルスコア
ACミラン 3-1 リヨン

ミランの点取り屋、フィリポ・インザーギが完全復活をアピールする先制弾。すぐさまリヨンが同点にするも、試合終了間際に再びインザーギが値千金の決勝弾。インザーギの決定力は、こういうギリギリの戦いで生きてくるものですね。絶対にW杯に連れて行くべきだと思いますが、リッピ監督はどうお考えなんでしょう。


この結果を受けての準決勝の組み合わせは以下の通りです。

ACミラン - バルセロナ

アーセナル - ビジャレアル

歴史あるチームと、今勢いのあるチーム同士の戦いとなりました。どちらも見逃せませんね。アーセナル、決勝進出してくれないかなぁ。
[PR]
by shock226 | 2006-04-06 19:06 | 欧州カップ戦

チャンピオンズリーグ、準々決勝1legの結果

b0063267_12253779.jpgベンフィカ 0-0 バルセロナ

アウェイのバルセロナが積極的に攻撃を仕掛けるも、GKモレットの好セーブに阻まれる。モレットの手に届かないボールはバーやポストに嫌われるなど、運が無い印象だったバルセロナ。耐えたベンフィカを褒めるべきなのか。怪我人が多く、メンバー構成が大変なバルセロナですが、カンプ・ノウでどんな戦いを見せてくれるのか、今から楽しみです。







b0063267_12255354.jpgアーセナル 2-0 ユベントス
【得点者】
ファブレガス(前半40分)、アンリ(後半24分)

ヴィエラとの古巣対決となったこの試合。ユベントス有利と見られていたこのカードでしたが、先制したのはアーセナル。スペインの至宝、セスク・ファブレガスがユベントスDFテュラムをかわしてシュート。これがGKブッフォンの逆をついてゴール。見事な先制弾でした。その後も流れを渡さないアーセナルはアンリの追加点で勝負あり。ユベントスは終盤にヴィエラが警告を受け、累積で次節出場停止。カモラネージとゼビナが退場処分になってしまい、次の戦いで主力を3人も欠くことになってしまいました。ユベントスにとってはアウェイゴールを奪えなかったこともあり、踏んだり蹴ったりの結果となってしまいました。



b0063267_12263097.jpgインテル 2-1 ビジャレアル
【得点者】
フォルラン(前半1分)、アドリアーノ(前半7分)、マルティンス(後半9分)

アウェイのビジャレアルは試合開始早々、リケルメからのパスを受けたロメロがシュート。このシュートはGKトルドが防ぎますが、こぼれ球をフォルランが決めて先制。ビジャレアルにとっては最高の滑り出しとなりました。しかし、これでインテルの目が覚めたのか、怒涛の攻撃を仕掛けます。すると、その6分後にスタンコビッチのパスを受けたアドリアーノが同点弾。レコバの負傷交代で入ったマルティンスがスペースを作り出すと、これまたスタンコビッチのクロスから逆転。ホームで勝ったインテルですが、ビジャレアルがアウェイゴールを上げているので2legで油断は禁物でしょう。しかし、マルティンスの髪型はサザエさんみたいだな・・・



b0063267_12264787.jpgリヨン 0-0 ACミラン

前半はリヨンGKクペが、後半はミランGKヂダが魅せる試合となりました。序盤、ミランはシェフチェンコを中心に攻めますが、クペが好セーブを連発、ゴールを割らせません。徐々にペースはホームのリヨンに傾いていきますが、今度はヂダが好セーブ。結局スコアレスドローでサンシーロに向かうことに。2legはリヨンMFジュニーニョ・ペルナンブカーノが出場停止明けで復帰するので、期待します。特にFKが見たいですね。
[PR]
by shock226 | 2006-04-01 12:28 | 欧州カップ戦