磐田の迷走

FC東京“ちょい悪”福西に学べ

清水が19日に新体制発表の記者会見を行い、そういえば磐田はまだだったな~・・・などと思っていたら、大黒柱である福西の移籍が待っていました。福西の去就が決まっていなければ新体制は発表できないわけです。

なんでも、契約更改の際に年俸2割のダウン提示。その扱いに不信を持った福西が移籍の道を探したという流れのようです。2004年に山本監督が就任した際の大型補強が失敗し、嫌な予感はしていましたが、こんな形で選手にしわ寄せがいくのは正直許せません。ベテランに対するダウン提示に、清水やアーセナルのような明確な若返りのビジョンがあったとはとても思えませんし、福西を移籍させることになる前にフロント陣が辞めて入れ替わった方が良かったんじゃないですかね?あの「爽やかヤ○ザ」が磐田と清水に向かってぶちかましてくると思うと非常に憂鬱です。嬉々として削ってきそうですし・・・

若手の代表格であったDF金珍圭(85年生まれ)は、韓国Kリーグの全南ドラゴンズへの移籍が濃厚と見られていますし、中盤からDFにかけての補強は急務でしょう。しかし、この時期に良い選手が出てくると楽観視なんてできませんねぇ・・・他の若手は伸び悩んでいるのが多いし。成岡とか成岡とか成岡とか(ォィ 外国人選手でその場しのぎとか考える前に、長期的なビジョンに立ち返れ!!ジュビサポは怒っているぞ!!
[PR]
by shock226 | 2007-01-23 13:36 | 清水・磐田


<< フランスの将軍がヨーロッパのトップに LEGEND OF MR.S-... >>