LEGEND OF MR.S-PULSE

沢登が引退試合=Jリーグ
澤登正朗 引退試合 S-PULSE ALL STARS VS JAPAN ALL STARS
試合経過リポート

21日、日本平スタジアムで「MR.エスパルス」沢登正朗選手の引退試合が行われました。私は、昨日合流した「サカスタの盟友」モジョ・ジョジョ氏と共に、日本平へ向かいました。勢いでチケットを取ったものの、滅多に揃わない豪華な選手たちが集まりました。これも沢登の人徳なんでしょうなぁ。

試合自体は13時からだったものの、TBSのスパサカがバナナキングの収録を11時15分から行っていました。なので、お客さんの入場も結構早かったです。
b0063267_251173.jpg

淳吾も頑張っていましたが、ネタバレになるので詳細は次週のスパサカを見てもらうとして・・・今回のキーワードは、
「ラモスルール」
中山隊長も認めたこのルール。情熱のカリオカが主役を喰って暴れます。最初から遅刻はするは、予定に無い展開になるわで荒れる要素は多分にあったわけですが。

試合は、沢登は前半エスパルスオールスターズ、後半はジャパンオールスターズでプレー。ここで主役を喰ってしまったのは3馬鹿三羽烏の一人、長谷川健太監督でした。
b0063267_222148.jpg
全盛時のサイド突破はどこへやら、お肉のついた体で右サイドを走る姿は観客の注目の的。走れないのにボールを要求するし、味方はあえて走らせようとスペースにパスを出す有様。相対する都並も、併走するだけで足を出さずに静観。トラップミスしたらゴール裏から思いっきりブーイングされてるし。あ、クロスだけは結構鋭かったです。1本もアシストにはなりませんでしたが。彼もエスパサポに愛されているんだなぁと妙に実感してしまいました。ちなみにエスパルスオールスターズの得点を上げたのは健太監督になっていますが、これは監督の陰謀で本当は平岡直起選手のヘディングによる得点でした。やりたい放題だなw

後半ジャパンオールスターズに移った沢登はゴールを決め、勝利に貢献。FKのチャンスは前後半合わせて2回あったものの、どちらもゴールにはならず。後半はエスパルス側のFKだったのですが、ここでも「ラモスルール」適用!なんと平松選手とユニホームを代え、その時だけエスパルスの選手として蹴っていました。ラモスは後半から出場、当初ラモスが着ける予定だった背番号10のユニホームを沢登に渡すなど、粋なことをしてました。さすがです。

試合終了後は、沢登の引退セレモニーが。後援会、ラモス、淳吾、中山隊長、カズ、健太監督らから花束をもらい、本人がご挨拶。両チームの選手による胴上げがあり、
b0063267_2395134.jpg
その後場内1周して終わりでした。引退発表してから1年経っていましたが、それでもぐっとくるものがありましたね。
b0063267_2421858.jpg
沢登選手、ほんとうにお疲れ様でした。第2のサッカー人生も応援しています。







おまけ


収録が終わったあとに、勝手にバナナキングをはじめる小倉。
b0063267_2484235.jpg
気合を入れて途中から裸足で頑張るも全く成功せず。
b0063267_2491565.jpg
小走りで控え室へ逃げていきました。


そして、Jリーグで一番動けるマスコットであろう「パルちゃん」。間近で見るとより可愛いです(*´д`*)
b0063267_2532212.jpg

b0063267_2534646.jpg

b0063267_254734.jpg
ちなみに1枚目に移っているのは、なんと磯貝洋光。太りすぎてて、ぱっと見佐々木健介に見えました・・・
[PR]
by shock226 | 2007-01-22 02:57 | 清水・磐田


<< 磐田の迷走 ドラゴンは盟友と共に >>