サカつくヨーロッパ、1年目終了

イングランドチャンピオンズディビジョンに所属している我がチーム。リーズに独走され、サウサンプトンと2位の座を争っていました。最終的にサウサンプトンが勝ちきれない試合があり、勝点1差で2位確保、自動昇格することができました。

プレーオフでも勝ち残るつもりでいたので、あらかじめ来季から自由契約になる選手に声を掛けていました。無事プレミアの舞台で新規入団選手を迎えることができて嬉しいですよ、ほんと。新規獲得した選手は以下の通り。

GK:ヨースト・テロル(オランダ、26)←ユトレヒト

DF:マヌエル・パスクァル(イタリア、24)←フィオレンティーナ
   ズデニク・グリゲラ(チェコ、26)←アヤックス
   レアンドロ・クフレ(アルゼンチン、28)←ASローマ

MF:キーラン・リチャードソン(イングランド、22)←マンチェスター
   ダマルカス・ビーズリー(アメリカ、24)
   イブラヒム・アフェライ(オランダ、20)←PSV

FW:ダレン・ベント(イングランド、22)←チャールトン
   マルク・アントワーヌ・フォルチューヌ(フランス、25)←ユトレヒト

若い選手を中心に結構取りました。オススメはFWベントとMFリチャードソンでしょうか。ほかにも、ペドレッティやカラーゼ、ブラージ、ラウ、メツェルダー、オリベラなどに声を掛けましたが、「お前のクラブなんか興味ねぇよ( ゚д゚)、ペッ」と交渉にも応じてくれませんでした。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン クラブを強くして見返してやるぞ~!

2年目の最初は連携が全く無いからか、同じぐらいのグラフのクラブにも負けてしまい、スタートダッシュに失敗。てか、いわゆる強豪クラブの選手が凄すぎるんですが・・・最初にアンリを見たとき、なんでこんなに速いのかと目を疑いましたよ。スピードが全然違います。強いところに勝つには時間がかかるんだろうなぁ・・・
[PR]
by shock226 | 2006-04-11 04:50 | ゲーム


<< 2006ナビスコ杯予選リーグ第... Jリーグ第7節の結果 >>